必ず住宅展示場に出向いてイメージを掴もう

つみき

特徴的な住宅が多数

一軒家

売主は個人です

一戸建て住宅の購入を考える時は新築で注文住宅を建てるか、新築の建売住宅を購入するか、中古一戸建てを購入するかの選択は大きなポイントとなります。住宅選びの7割は土地で決まるとも言われていて、茅ヶ崎で海の近くで生活の便利な茅ヶ崎南部エリアは昔からの住宅街が拡がっていて、土地を購入して注文住宅を建てる土地はあまり見つかりません。不動産業者が旧家を買取り、解体してから土地を分割して建売住宅を数戸販売することはありますが、海の近くでゆったり過ごすというよりも万人受けするような効率的間取りや設備が使われていて、オリジナリティはほとんどありません。中古一戸建ては広々とした庭があったり、茅ヶ崎っぽさが漂う白い壁や温かみのある瓦が使われている住宅があったりと物件によって特徴が全く異なります。中古一戸建ては見学をすることができるので、イメージと違うといった建ててからわかったという新築の注文住宅のようなトラブルはありません。茅ヶ崎の中古一戸建ての取引は不動産業者が仲介していますが、売主は個人であることがほとんどです。不動産業者との商談は相場を見ながら若干の値引きはしますが、大幅な値引きはありません。個人との交渉になる中古一戸建てには相場価格はないため、交渉を積み重ねていくことになります。間に不動産業者を挟みますが、相手の心象を悪くしてしまわないように約束事はきっちり守るような常識的な言動を心がけるようにしてください。