必ず住宅展示場に出向いてイメージを掴もう

つみき

生活設計全体を考えた家

住宅

環境と調和した住まい

幅広い世代が在住する藤沢一帯では、様々な様式の中古一戸建ても不動産売買されていますが、特に100年持つ住宅づくりを推進したタイプも供給され、耐久性などからも人気を集めています。建物同様、そこに住む人の健康や美容などを考慮した中古一戸建ても、藤沢一帯で注目度は高い傾向で、地球との調和のある設計、精神に対して平安が保てる設計、体が健康になる設計などの住宅が展開されています。一例として、必要であれば、太陽・風力・水力を使ったエネルギー供給ができ、冷暖房、給水、通気、照明の調節を効率よくコントロールできるシステム付きの中古一戸建てもその1つです。容易に再使用やリサイクルできる商品や材料が用いられていたり、藤沢の土地固有の種類となる樹木や花を育てられる庭園などの設計も評価されています。その他、周囲の建築様式や環境と調和がとれている造りは藤沢一帯でも重要視されていて、パーソナルで心を癒す色彩環境を創り出すために、天然の材料の色や質感、天然染料や塗料、着色剤などが用いられています。もちろん、住まいが呼吸できるように、温度や湿度、通気などのコントロールが重要視されていて、組み合わせ方もアイデア豊富な建築家によって様々で、屋根や壁、床に効率の高い断熱材を用いればゼロエネルギーハウスを手に入れることも不可能ではなくなります。冬期の暖房も、居住者や照明、電気器具から発生する熱だけで十分まかなえますし、最近ではインテリアとしても評価される石造りのストーブなどが設置された中古一戸建ても評価の対象となっています。住まい全体をうまく遮光し、断熱効果を高めることで、空調システムの夏期の使用頻度も抑えられるなどの利点も挙げられています。